手相には生命線や感情線、運命線など基本となる線が幾つかありますが、その中の一つが財運線です。小指の付け根から下方向にのびている線で、財産を蓄える金運を表しています。手相の財運線を見るだけで、その人がどれだけ稼ぐ力を持っているのかやお金との付き合い方等が分かります。ただし、環境に左右されやすい線なので、以前手相を見てもらった時と比較して変化していることもあります。

財運線は、長い方が金運に恵まれていると考えられます。多くの場合は小指の付け根から感情線付近までで止まっています。しかし、それよりも長い人もおり、生命線付近まで長く伸びていることもあります。稼ぐ力を沢山持っているので、会社を経営している人などに多く見られます。

財運線が短い場合には、稼ぐ力はまだあまり備わっていないという事です。就職したばかりでまだ対して働いたことが無いという時などは短いことが多くあります。ただし、短くても太くて濃い線がある場合には、大金を得られることも考えられます。それから財運線は、濃い方が薄いよりも金運が良いことを表しています。

人によっては全くない場合もあり、そういった時にはあまり稼ぐ力が備わっていません。金運には恵まれていない状態です。でも、長く働いているうちにキャリアアップしたり、転職するなどして稼ぐ力がアップした時には線が現れることもあります。その人の変化に応じて線が薄くなったり、濃くなったりするのです。